超音波エコー画像検査は肉離れや捻挫などの各種スポーツ障害に適応

TEL075-200-8782
阪急西院駅より徒歩1分京福西院駅より10秒

超音波エコー画像検査 New!

デジタル超音波エコー画像検査装置は旧来のアナログ式に比べ解像度が飛躍的にアップし、わずかな筋肉・腱・靭帯の損傷も鮮明に映し出す事が可能です。

スポーツによるケガや家事による使い過ぎの痛みなどの原因の多くは筋肉靭帯などの軟部組織にあり、それらはレントゲンでは写らず、異常なしと言われることもしばしばです。

超音波エコー画像検査ではそれらの細かな損傷も描出することが可能です。また炎症や異常な血管増殖があるかどうかも検出可能です。

京都市超音波エコー検査

エコー検査の特徴

放射線の被ばくがない

レントゲンと異なり放射線の被ばくがないので、どんな方にも安全にお使い頂けます。人体に無害なので繰り返し観察する事が可能です。

軟部組織の描出ができる

レントゲンでは映らない筋肉・腱・靭帯などの軟部組織を観察する事ができます。また痛みのある部位に炎症が起こっているのかも確認できます。

リアルタイムでの観察

プローブを当てた部位がリアルタイムに画面に描出される為、患者様も画面を見ながら損傷した組織を確認できます。

実際に当院で確認できた症例の一部をこちらでご紹介しています。

適応症例の一部

●肉離れの損傷の程度や治癒の判断●ランナー膝・腸脛靭帯炎の確認●足首の捻挫をした際の靭帯断裂の有無の確認●手首の腱鞘炎●ばね指●腱交叉症候群●外側上顆炎(テニス肘)●内側上顆炎(ゴルフ肘)●肩の腱板断裂●石灰沈着性腱炎●四十肩・五十肩●上腕二頭筋長頭腱脱臼●野球選手の肩や肘の投球障害●突き指などでの骨折の有無の確認●膝の変形や水腫の有無の確認●ベーカー嚢腫●膝蓋前滑液包炎●自転車による膝痛●ガングリオン(手首・手指)●粉瘤・アテローム●足底腱膜炎●母趾種子骨障害●強剛母趾

↑ PAGE TOP